(新)キャラクター紹介。

【サーバ】ネルウィンサーバー。
【ギルド】どらねす☆いちご組

2_20100926080627.png

Lv40 わんこ。(旧Ver
【職 業】ボウマス・物理ルート(ドラゴンネスト スキルシミュレーターVer2

【武 器】+9必殺のネルウィンロングボウ
      └ +8疾風のネルウィンロングボウ      
      └ +8疾風のネルウィンクロスボウ
      +8破壊のネルウィン矢筒
      └ +9疾風のネルウィン矢筒
      └ +12必殺のアダージョ矢筒

【装 飾】疾風のバイオレットネックレス
      └ 活力バイオレットネックレス
      破壊のゴールド・バイオレットリング
      └ 賢者のバイオレットリング*2
      └ 必殺のバイオレットリング*2
      └ 突撃のバイオレットリング*2
      疾風のメラーニイヤリング
      └ 活力のバイオレットイヤリング

【アバタ】(頭/腰)物理7.5%(足)CT17.5%・HP5%
      (身体)敏捷10%・HP7.5%(手)HP5%

【その他】ATK3100~3300。HP20K~30K。CT13000前後。

【紋 章】致命、疾風、闘魂、気迫、体力、生命、祝福
      └ モーションカット:スピンキック、チャージアロー(レア)
      └ 威力上昇:ツインショット、ディヴァインシュート
      └ その他:マンティコア・グラビティ

【対 人】3500キル/1700デス
      └ 各 ウォリ > ソサ > アチャ > クレ
 あくまで犬個人の意見。

★★★★★ 必須スキル。可能な限りMAX取得したいところ。
★★★★☆ 必須スキル。前提or1でも十分使えるもの。
★★★☆☆ SPとの相談で、可能であれば取りたいもの。
★★☆☆☆ 前提でとっている・または犬個人の理由。基本的に無くても。
★☆☆☆☆ 全体的に無くても不便は感じないもの。



物理ボウマスター、スキル評価。(PvP)

★★★★★ ツインショット
威力は低くなりましたが、相変わらずの主砲の1つです。
モーションディレイが小さく、CT4.5秒、さらに飛距離増加。

★★★★★ アンクルショット
MAX振りで4.5秒の足止め、60度の範囲をカバー、貫通、加えて物攻が乗ります。
攻撃手段としても、物ボウであればMAXを。

★★★★★ ローリング/アクティブローリング
フェイク・トライアングル・回避とディレイごとに使っています。
SPとの相談でMAX振りが好ましいです。

★★★★★ ロングボウマスタリー
主砲であるツインショットが+2Mのためとても使いやすくなります。
攻撃力増加は微々たるものですが飛距離のためだけでも。

★★★★★ ヒールオブシルフ
他の弓手の方々もとっている関係上、少しでも距離を稼ぎたいところです。
チャージ中に多少の移動でも狙うことが可能に。

★★★★☆ スピリットオブエクセレーション
敏捷があがるため純粋な物攻増加となります。
MAXとるか、前提で収めるかはSPと相談。

★★★★☆ フェイクショット
緊急回避、アーマー破壊、高確率で相手をひるませます。
フェイク(成功時)→ツインの順で撃てば100%のダウンを狙うことが可能です。

★★★★☆ ディバインショット
ディレイ値が高く1でもあれば十分な妨害スキルに。
MAXに振れば優秀なダメージソースとしても使用可能です。

★★★★☆ エリアルイベイジョン
これが無ければ浮かされる→倒れる以外の選択肢がありません。

★★★★☆ チャージショット
多少の溜めはありますが、飛距離+3Mを生かし心持遠くから密かに撃ちます。
CTが22秒→15秒となり、ターゲット職を限定する必要が少なくなりました。

★★★★☆ ピアシングショット
モーション、硬直が大きいため、使う時は回りをよく見て。
威力は上がりましたがやはり使いどころには注意が必要です。

★★★☆☆ トライアングルショット
発動~着地まで無敵時間がついています。ガイデットは避けられません。
緊急回避はもとより、遠距離⇔近距離からのスキルつぶしをメインに使用。

★★★☆☆ エアリアルチェーンショット
相手方がスキル発動していない場合に限り、高確率でひるませることが可能です。
ただしダメージが相当小さくなったため、着地地点ですぐにトライアングル回避を。

★★★☆☆ レインアロー
密集して落ちるようになったため距離さえつかめればダメージソースとしても。
ただし、逆に言えば広範囲の妨害スキルとしての役割は小さくなりました。

★★★☆☆ スピンキック
エピ紋章による50%モーションカットをつけることが前提。
弓手では数少ないディレイ値の反映がある"仰け反り"が魅力的です。

★★★☆☆ スパイラルスピン
ディレイ値が相当低いため使いどころが難しくメインにはオススメできません。
ただしソサ、アチャ系には依然有効です。

★★★☆☆ ムーンサルト
空中からのかかと落としですがディレイ値が高めで、前衛でも浮かすことが可能です。
スパイラル→ムーンサルトで1セットとし、エリアル潰しを主な目的にしています。

★★☆☆☆ リバーサルスピン
前衛系であれば基本密着しているため相手が無防備な状態であれば使います。
ただし、他職と比べかなりモーションが大きいため1:1以外はオススメできません。

★★☆☆☆ ソニックスティング
距離ギリギリから撃つことが多いため、高確率で中盤からスカります。
全弾まともに当てたい場合は中距離・または貫通可能な障害物を利用して。

★★☆☆☆ シーズースタンス
13秒間、固定砲台というデメリットが大きい割にダメージは低め。前衛浮かしに。
発射のタイミング≠落下タイミングなので少しずらして。

★★☆☆☆ ロースピンキック
ダウンさせた際の距離にもよりますが、使用可能であれば。
なかなかの高ダメージでロー→ハイ→フェイク→ツインがオススメ。

★★☆☆☆ ハイスピンキック
ロースピンからの組み合わせスキル。

★★☆☆☆ ホークアイ
ソニックスティング、チャージ前に使用したいところ。

★★☆☆☆ マナ系列
メインとなるツインショットでのMP消費が激しいため、あれば便利。
ただし"対人"という点だけで見れば、恩恵はかなり小さいと思われます。

☆☆☆☆☆ スタニングショット
攻撃してそのまま寝かしておくのが本来の使用方法だそうです。
が、現在の対人の仕様では少数以外で使い道はありません。

☆☆☆☆☆ ブルズアイ
他のスキルに回した方がSP効率がいいため、今回は取得しません。



物理ボウマスター、スキル評価。(PvE)

★★★★★ ツインショット
威力は低くなりましたが、相変わらずの主砲の1つです。
モーションディレイが小さく、CT4.5秒、さらに飛距離増加。

★★★★★ アンクルショット
MAX振りで4.5秒の足止め、60度の範囲をカバー、貫通、加えて物攻が乗ります。
攻撃手段としても、物ボウであればMAXを。

★★★★★ チャージショット
CTが22秒→15秒となりかなりの回数を撃てるようになりました。
クリティカルも出れば相当なダメージソースになります。

★★★★★ スピンキック
エピ紋章による50%モーションカットをつけることが前提。
ここぞとばかりに使います。連続蹴りが可能なため、優秀なダメージソースに。

★★★★★ ムーンサルト
かなりの高ダメージが出ます。Nケルであれば物攻3500時で10K~14K。
それが6秒ごとなのでムンサル→スキル1→スキル2→ムンサルで驚きのダメージ。

★★★★★ ソニックスティング
ボスゲージが見る見る削れる本当に優秀なスキルです。
クールタイムも短めなのでぜひ取ってみては。

★★★★★ ホークアイ
大抵のステージでは"ここ!"というポイントが移動ごとにあります。
Mobが押し寄せる前に使い、レインなどをあわせてぜひ。

★★★★☆ スパイラルスピン
複数のMobを巻き込みながら最終的に一箇所にまとめられるので重宝しています。
この後にムンサル、またはディヴァインがオススメ。

★★★★☆ ピアシングショット
基本的にPvEであれば複数Mobを相手にする事が圧倒的に多いため使用頻度は高め。
若干のモーションはありますがMAX振りをオススメします。

★★★★☆ ディバインショット
ダメージは相当なものになりますが、これはMAX振りが前提です。
1での使用であれば緊急回避用として使いましょう。

★★★★☆ レインアロー
密集して落ちるようになったため、ボスなどに対しては有効です。
ある程度の雑魚Mobに対しても使えますが、MAX振りは必要ないかと。

★★★★☆ スピリットオブエクセレーション
敏捷があがるため純粋な物攻増加となります。
3止めとMAXでは大きな開きがありますので取ったのであればぜひMAXを。

★★★★☆ マナ系列
リフがMAXであればMP剤を飲む事はまずありません。

★★★☆☆ フェイクショット
Mobとの距離が近くなりすぎた際には非常に有効です。
ただし、このあとでダウンさせてしまうと追撃しづらいのでご注意。

★★★☆☆ ローリング/アクティブローリング
対人と違いMAXの必要性は薄くなります。

★★★☆☆ ロースピンキック
ダウンさせたMobにとどめで使います。
対人と違い、反撃してくる可能性はかなり低いので安全に使えます。

★★★☆☆ トライアングルショット
無敵時間での回避と遠くの打ちもらしMobを撃つときに。
瞬間速度が"走"を上回ります。

★★★☆☆ エアリアルチェーンショット
発射地点を選べるようになったため、とどめにさすには丁度いいスキルです。
しかし、対人同様に着地地点で回避することをオススメします。

★★☆☆☆ リバーサルスピン
ソロであれば使うかもしれません。
ただ、大抵の場合はアクティブローリングで回避できるはずです。

★★☆☆☆ シーズースタンス
ソロかPTかで使用頻度は異なります。
打ち上げてしまうことがメリットかデメリットかの判断で使用しましょう。

★★☆☆☆ ロングボウマスタリー
純粋にダメージ増加を狙うのであればとっても損はありません。
ただし飛距離を狙うという点ではあまり必要ありません。

★★☆☆☆ エリアルイベイジョン
これもやはりアクティブローリングで代用可能です。

★★☆☆☆ ブルズアイ
MAXであれば価値はあると思われます。
ただ、犠牲にしたスキルと天秤にかけて取得を。

★☆☆☆☆ ヒールオブシルフ
このゲームは「接近戦」が異常に有利なため不必要です。
ステージの端のMobを打つことも稀なため対人をやらなければ無しでも。

★☆☆☆☆ ハイスピンキック
ロースピンからの組み合わせスキル。
とどめを刺す率は高くなりますが、SPとの兼ね合いで。

★☆☆☆☆ スタニングショット
雑魚Mob密集地帯に打ち込み、足止めに使う事は可能です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)



    最新記事