香港。中華粥。

11_20090830235026.jpg
00.jpg

中華粥は貝柱を切ったり茹でたりラジバンダリ。
時代はそう。鶏がらの素。


眉カット。

1_20090828000843.jpg

乗算前に気づけた奇跡。

"香港"の次が"韓国"、"台湾"どちらにまわすのが一番違和感がないのか。
個人的には"タイ"料理が好きなん(*´人`*)

1_20090826235524.jpg


■はじめた当初。

が各5枚~15枚、背景が3枚*各コマ分、それに最後に文字入れで10枚。
大体100~150枚ちょいで完成しています。数だけ多い。本当数だけ。

■現在。

で"顔、服、髪"+加工分=5~8枚
で"顔、服、髪、食材、小物"+加工分=5~10枚前後
で"影、文字"で3枚。
約20~30枚で完成です。

は文字でつぶれるので余白大目に。

一枚絵。

新規キャンバス

会社なんてつぶれてしまえばいいのにと思う時刻。
が、9月は5連休が待ってる(*´人`*)

中国、餃子(水餃子)。

10_20090830235026.jpg

家で作る時は煮こごり入り焼き餃子。
が、水餃子のあのぷるぷる感も捨てがたい。

ドイツ、ザワークラウト。

9_20090830235027.jpg
doitu.jpg

ようやく主要キャラ(イタリア・日本・ドイツ)を出せました。

8_20090830235027.jpg
osu.jpg

キラキラキラキラ。貴族。ついに貴族。
あまりカツっていうイメージはない。

ハンガリー、グヤーシュ。

7_20090830235027.jpg
1_20090821222450.jpg

ここぞとばかりにカラフルに。カラフルに。
フライパンごと飲ませればよかったと後悔しています。


6_20090830234632.jpg
2_20090821222450.jpg

『プロイセンって"俺様"なんじゃ』という途中経過があり少し見下ろす図となりました。
どんなにかっこよくてもポテトパンケーキ。


スペイン、ガスパチョ。

5_20090830234632.jpg
3_20090821222450.jpg

本来であれば南イタリアの予定が間違えてスペイン。
レシピももともとスペイン用ではありませんでした。


イタリア、トマトソース。

2_20090830234632.jpg
6_20090821222450.jpg

トマトソースは本当になんにでも使えます。とても便利です。
たくましいイタリアと言われ、必死に考えた結果が頬杖。


フランス、カナッペ。

4_20090830234632.jpg

11_20090821225113.jpg

一番迷わずイメージが沸いた人(*´人`*)
フランスのカナッペは本当にお洒落。海老食べれないっていう事実。



イギリス、スコーン。

3_20090830234632.jpg
5_20090821222450.jpg

朝食にすべきか本当に迷いました。
ここから本格的に"あーん"を推奨。食べなはれ!食べなはれ!


アメリカ、ハンバーガー。

1_20090830234632.jpg
7_20090821222513.jpg

アメリカ=ハンバーガーのイメージしか。
なかった。


日本、焼鮭。

0_20090830234527.jpg
8_20090821222513.jpg


焼き鮭の工程はやはりというか少なすぎたんです。
ここで初めてなんとか文字を増やして…と考えた結果が"あーん"でした。




最新記事